※個人の見解です

思考の整理や自分語り

20191030

愛していこうな、生きてること、大嫌いだから、憎んじゃうから、いつかどうでもよくなるように愛していこうな。空気にまでなったら関心を持たないで済むよ。在って当然になるまでぐちゃぐちゃに愛していこうな。それが殺し方。 こんにちは。10月ももう終わり…

きょうだいは何人いるの?って話

どうも、最近調子が悪いです。おれの調子の悪さは生来か生得か、何にせよ性格の問題なのでもう仕方がないです。「これは癖だから治らないんだ」って本当かな。ハジです。 更新したら読んでくれる方々にどれぐらい自死遺族や、離婚に伴いきょうだいと別れて会…

20190319

なめらかに動く。日本語のタイピングだったらまったくキーボードを見ずともいける。考えたことを言葉にして文字として打ち込むのは気持ちがいい。数字は見ないと無理。記号も見ないとミスる。だけどなめらかに動く。 先日「まあまあ速いでしょ?」なんていい…

20190301

金曜日だ。嬉しい。灰色の重苦しい空でも天井が高いだけでまあいいかって思える日は不思議な感覚にはまり込む。 春もちらちら遊びに来てますね。昔は冬のいちばん寒い時期に身体が凝縮されていく感じが好きでしたが、最近は年のせいなのか、あるいは冬に外遊…

曖昧な話

スピード感が上がってる。久しぶりにお酒を飲むとすべての物事はおれについて来れないような万能感に浸ってしまう。その実、言葉が飛ぶから考えてるようで考えてない時間が長くなるだけ。アホらしい。 最近、「妹がいた」という事実がとても曖昧になっていて…

20181220

取り留めもない話。 特に叫びたいわけでもないけどしばらく時間を潰さなければいけないので来た。 防水機能がダメになったタフネススマホを持ってる中で土砂降りを浴びる度胸はない。絶対なるとは思ってたけど充電口のカバーがダメになって無限に開きます。…

20181203

なんでしょう、少し感傷的で、ここにいてはいけないような気がする。 ってことを書くのも地元で無職をしながらだから、ここにいてはいけないはずがない。精々この辺りに骨を埋めるしかないのだろうなと常々凍えそうな諦めを感じている。 いつも1000文字程度…

20181119

迷うということはしばしば頭の容量を使いすぎて気持ちが悪くなってしまう。 そういう時はスッパリと辞めてしまうかスッパリと決めてしまうかしたほうがいい。 だけど、おれの場合はこれもやめようあれもやめようと思うと現実感がべりべりと音を立てて剥がれ…

20180911

高卒で就職した友達はバイトをやったことがないから羨ましいと言っていた。 大卒でライブハウスに就職した後輩は楽しくやってるらしい。 家の裏を通る農耕者の持ち主をおれは知らない。 憧れの人からメッセージを貰った人がテレビに映ったけどどれだけ嬉しい…

20180816

「最後だと知っていたならば」。 何をするでしょう。何と言うでしょう。 最後だと知らなかったからこその今を、どう生きればいいんだろう。 悲しい空しいというよりも違和感がすごくて何か書き始めようと思ったのですが、まだ違和感が明瞭ではないようでキー…

20170723

物が多すぎる机を見つめて、なんでこんなに物があるんだろう?と冷静に不思議な気持ちになる。 手に取ればそれらにあった理由なんかも思い出せるが、物が多い理由はなんだろうか。 僕らの思い、軌跡、人生。時間とともに流れ消えていずれ忘れてく物たちをこ…

20180710

なんとなくただ頭の中身を垂れ流したいのですがなんとなくただツイッターがそういう場じゃないような気がして怯えていまして、誰かと話したいような気もするんですけど反応が無い限りどうしようもないし大体平日の朝に返事くれる人とかそんないない気もする…

故郷への乱文

こちとらもう日付も変わりますし、寝たいんですけど、よろっと頭の情報量がしんどくなってきたので一度文字に起こしてみようと思います。 何故故郷に惹かれるのか。何故家族と共にいることが良しとされているのか。 この求心力はなんなのか。おれから見れば…

20180129

性質がどちらか片方に寄っていたら楽だったろうなと思う。例えば「感情的」か、「論理的」かとか。「アウトドア派」か「インドア派」かとか。 己の持つ感情を己の持つ論理で収めようとするから不和が生じるのだと思う。 ハッピーエンドを望むなら、ハッピー…

20180123

最近、本という本を最後まで読めた回数が非常に少なかったのだけど、kindleにいれた青空文庫の本やプライム会員無料のやつを読めた。こう言うとまったく購入してないじゃないかと言われそうな世の流れだけどkindleセールのやつも買ったぞ。結局セールかよっ…

20171217

頭が膨れあがって割れてしまいそうだ。トンネルを越える空気圧みたいなものが頭に効いているのかもしれない。 別に体調が悪いとか精神が悪いとかでもないが、キーボードがない環境だと自然に文字を打たなくなるしノートも開けない環境だったりもするから頭が…

一遺族としての話

またしても自死について適当な強者論を書いてしまった気がするので、親族の自死に適応できていない方のために先にグリーフケアのページチラっと載せておきますね。喪失を冷静な文章として読み、自分にも当てはめてみて、「苦しかったり無感情になったりする…

20171122

正直なところこのブログは書いてない時期何もフォローしてるブログを確認してない。ごめんな。おれ大体の人類大好きだしどうでもいいんだ。ごめんな。大好きだよ。日常の些細な事を書いてる人を日常で悟っちゃった人も大好きだ。本当なんだ。信じなくてもい…

期待の話

誰も彼も、他者に対しては生きてくれと言う。己は死にたいとほざくのに不思議な話だと思うこともあったが、まあなんら不思議なことでもなかった。 みんな、自分が遂げられなかった平穏を誰かに遂げて欲しいだけだ。 先に立場を明確にしておくと、おれは誰に…

ジェンダーの話

ジェンダー関連の本を読みまくって逆に自己がブレるという謎の行動をしたことがあるのに、またジェンダー関連の漫画を読んでいた。今度は大丈夫でした。 多くの人はいつも受け入れられたい、許されたいとか思ってる。たぶん。 他者から自分へ、無償の愛があ…

20170921

ブログを書いていなかった理由、こっそり教えましょうか。ただ単にキーボードがある空間にいなかったからです。それ以上もそれ以下もなく、相変わらず急に何かについて考え出したり、本当におれは食べるのが遅いんだな!と気付いたりとかしていました。 最近…

故妹の友達が来てる話

今故妹氏の友達だった子が遊びに来てくれてるそうですが、僕は他者が居る時リビングにもキッチンにも行けないので詩を書こうと思いました。しかし一ヶ月以上ブログを書いてないことに気付いたので書きます。開設から半年経ってる通知メールはちょっと前に来…

生きてる話

ここ一週間ほど滅茶苦茶な量の動く物体を見てる。特定の他者と関わる前はただの不規則に動く物体であったり、コンテンツとして消費したりするのに、話しだして仲良くなればなるほど物体は人間になる。不思議だ。 おれの主観から見て人間になる以前の物体たち…

プールの話と詩

この所雨がすごかったり暑かったり落ち着きませんね。今日は気温こそたいしたことないですがちょっと溺れそう。 散歩をしたら小学校のプール指導のような声が聞こえた。あの頃のプールって楽しかったよね。僕は好きでした。着替え時間も含めて2コマぶち抜き…

20170708

男性的な性規範が怖いから自己認識が中性であるわけではない。成れなかったものには成れないから、二極のどちらにもなれなかったのだ。 万人に伝わりそうな例を考えると、「猫は猫であるからいくら自分を犬と思っても犬には成れない」とか。どうですかね。 …

自責の話

なんとなくどうしようもないので、「自責」について考えてみようと思う。 自責は生むものが少ない。 自責とは自分を責めとがめること。(広辞苑より) 責めとがめたその先には何もない。自らが起こした心の動きだから、罰の形を誰かから与えてもらえないのだ…

ツイートの補足のようなブログ

カントー地方から地元に帰った。ふるさとは遠いぐらいがちょうどいいね。この井戸の底にいちゃいけない。 気を遣われてるから遣い返すの、正直あまりメリットないから次回にとっておいたほうがいいと思う(夜更かしへの警鐘) — ハジ (@waterChroma) 2017年6月…

最近考えてる話

人類皆平等思想が拡大してる気がする。みんな知らない人だ。なんなら自分のことだってよく知らない。自分すら他人。 子どもが自殺したから私が悪いと言うコメントに対して「あなたは悪くない」と言いたくなるし「ギリギリ死んでなかったらどうしてた?」って…

正しさの話

決断を恥じることはない。後悔することもない。いや必要がない。恥じても後悔してもいいけど、必要がない。 『失敗して、本当は安心してるんだろう』 「そんなワケがあるか」 『叶うはずのない夢を叶えられない理由ができて、安心しているんだろう』 「そん…

身近な話

自分には起きる筈が無い。人は大変だなとテレビを観て同情してる。 なんだって間近にある筈だ。キーボードを叩いてる今心臓発作でも起きないとも限らない。脳梗塞だってありうる。急に魂だけあちらの世界に行って廃人化なんてファンタジーなのもありえないと…