※個人の見解です

思考の整理や自分語り

音ゲーの話

コンビニのレシートで酒が当たってうれしい。 「はい、ありがとうございました」だけでなく「おめでとうございます」と謎に賞賛されたからかもしれない。 微かな幸運を喜べるのはおれにとって健全な兆候だ。よかった。 今日は用事があって街まで出て、ゲーム…

自棄な話

痛む。 身体に触れている空気が痛い。存在してないものが痛い。 本体の痛みすら鈍感なのになんでこんなところが痛いんだ。アホなのか。 鬱屈とした感情が身体を支配するとき前まで左の顔面にぴりりっと緩い刺激が走っていた。最近はそれがなくなってる。 空…

”クスリ”の話

この日記の場合クスリは違法合法処方を問わず依存性を持つものとする。 用法要領は守ってこーな。 人は何故ドラッグの魔力から逃れられないのか。 日常からの逃避行。 または生活の破壊衝動。 あるいは非日常への好奇心。 日常を続けるため。 単純な快楽を求…

夕暮れメモライザの話

好きなバンドはいくつかあるけど聞いてた割に好きじゃないバンドに神聖かまってちゃんがある。 何曲かだけ好き。 アルバム聴いてるのはたまにしんどい。 好きな曲思い出して聴いてるので十分。 今日ふと思い出したのは夕暮れメモライザだったけどyoutubeのや…

性別の話をしたという話

昨日たくさんコイン投げてもらってたくさん喋った。 セクシャルマイノリティについての話をしてみて、と言っていただいたから、ある人と一緒にスタートした。この場合名前出すべきか分からんから濁していく。 おれはXジェンダー(中性)のアセクとして、あ…

昨日の話

「愛しかないとか思っちゃうヤバい」 そう思ってみたかった。 他者に触れて発生する身体への刺激は大変にインスタントな快楽で生きる目的を持っていなくても生きてていいかなって方向へ電流が走る。 自分の単純さに驚く。多少過敏なだけだ。きっと。 なんか…

住み分けの話と20170203

自分でアカウントを住み分けていたら当然陥る事態なのだけれど、自己が細分化されてく。 キャラクターの整合性を保てず青いアイコンからは青い液体が吹き出て白いアイコンにかかる。白いアイコンも液体をこぼしてるので緑のアイコンが割れる。 人格はある程…

憧れの話

若さの渦中にいる。多分。 もしかしたら23歳なんて例えば中学生や高校生から見たら「オッサン」「オバサン」の領域だったかもしれないからちょっと分からない。 でもたぶんそう考えることすら若いほうの考えなのかもしれない。 実年齢とればそのうちそう呼…

自傷と彼女の話

いきなり何万と四捨五入したら十万に辿り着く額を失うことになったから現実に耐え切れなくて泣いてる。絵はお金がかかるもんです。仕方ないよ。 今日メンヘラ.jpの記事は自傷行為に関する記事だった。 泣き出してしまったこの一時間後に講義があるからビール…

歌詞の話

おれの考え方の7割ぐらいは邦楽の歌詞で出来ている。 初めて聴いた邦楽はBUMP OF CHICKENのKという曲だった。 たぶん小学校中学年ぐらいの頃?、FLASH全盛期の時代に勝手にKにAAをあてたやつを見てすごいかっこいいうただなあなんて思って何度も観ていた。 …

20170130

インフルエンザじゃなく風邪だったのをいいことに布団にこもりきらないでアニメを見ながらぐだぐだしてる。 Re:ゼロから始める異世界生活。二周目。 Amazonプライムの期限来月中らしいから早く見たほうがいいよ。 感想とか言うのは苦手だけど、このアニメの…

約束の話

約束はできるだけ守りたい。 別に確約したわけでもないし血の盟約とか半端じゃなくカッコいいもの掲げたわけではない。そんなものでも守っていたい。 ただ信じられたいし、人間を信じてほしいからそうしてる。 約束は出来るだけしないとamazarashiはポエジー…

20170128

携帯が英語設定だからはてブロのアプリも英語がちょこちょこ入ってる。面倒くさい。 実家チャレンジと言っていたけど話をよく聞いてなかっただけで実はお泊まりチャレンジだった。 貴族階級しかいないイベントみたいなやつに紛れ込んだ感じ。 何かの勉強会に…

20170127

パソコンで文字を打つのは好きだけど携帯ではあまり好きじゃない。 なんでそう言ったかというと今携帯からだから。 ガラケー時代の設定していた2タッチ入力はカッコいい気がして好きだったけど今はスマホはフリック入力が基本だ。みんながやってることだから…

否定の話

分からないことを理解実行するように強いられる。 それは歩けない人に走れっていうようなものだって言った人がいた。 分からないことを強いられるのは”意思や経験を否定されること”であるようにも感じた。 思考のパターンが違う人に自分の思考パターンは押し…

「またね」の話

いつか死のうとした人たちと出会えるのがすごく愛おしい。 いつか死に掛けた人たちとまだ話せるのがすごく愛おしい。 何かしら死に掛ける日々で話してくれるのがすごく愛おしい。 今も死にたい人たちが話してくれるのがすごく愛おしい。 死にたい人が理由を…

救いの話

宗教の話ではありません。 幸か不幸か実家は完全な無宗教で、「お天道様は見てるよ」ぐらいしか言われた覚えはない。 生まれたときから何かを信仰しなかったことは個人的には不運だったとは思う。生まれたときからのクリスチャンが十字を切る姿は美しい。 た…

20170123

生還したから昨日書いていたものを載せる。 生きていることについて。 ツイッターに書いたけど、妹が自殺したとき、「遂に成功してしまったのか」と思った。というか言った。 だけど母と兄は「失敗して死んじゃったんだね」と言った。本当はあいつ、死ぬ気な…

一人な話

究極に一人だ。一人きりだ。 完全に人は人でうちはうち、それどころか己は己だ。 個としての自覚はあるのに、その個が透明で空っぽだ。 人がどんな気持ちか想像することは難しくないけど、大概考えすぎて過熱する。 傷つきたくないし傷つけたくない。 何て言…

20170120

はてなブログに登録してみた。 いい加減ツイッターのログ10枚ぐらいを印刷して先生に提出するのが申し訳なくなってきたからだけど、たぶん飽きたらすぐ消すと思う。 先日病院では言語化できるようになっているのはいいことと言われたけど、考えるのってだる…