読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

※個人の見解です

思考の整理や自分語り

20170120

はてなブログに登録してみた。

いい加減ツイッターのログ10枚ぐらいを印刷して先生に提出するのが申し訳なくなってきたからだけど、たぶん飽きたらすぐ消すと思う。

先日病院では言語化できるようになっているのはいいことと言われたけど、考えるのってだるいですね、もう飽きてきた。

 

何を書きたかったのかというと、おれは今23歳かっていう虚無感です。

どっかでぽろっとこぼしたことあるかもしれないけど、前々から23歳で死のうと思ってたんですよね。

高校生の頃流れ着いたサイトで話してくれた顔も知らない誰かが自殺したから。

その人が23歳7月2日午前7時に首を吊るっていう書き込みをおれは7月2日午前7時50分ぐらいに見た。

ありきたりな自傷画像アップロードして傷を舐めあうばかり私悲しいでしょ悲劇的でしょって掲示板で一人だけ透明で孤独な文章を書いてた人だった。詩が好きだから憧れた。

東京に住んでるらしくて飲食店勤務で大体午前5時とかに仕事終わったって書き込んでるような人が寂しく死んだので空虚な23歳だったらおれも死のうと思ってた。

いや実際生きてるのかもしれない。生きてたらいいなと思う。

当時自傷行為と自殺未遂が友達だった高校生のおれは23までは生きよう、23にまだ空虚だったら死のうと寿命を延ばしてた。これが、インターネットに救われたって言葉の真意だ。

今気付いたら23歳だったのがただ悲しくなってそれを書き込むためだけにブログを開設したと言っても過言ではない。

23歳である事実が今非常に悲しい。

 

今空虚かは分からないが、今年死んだら5人と1匹家族だった我々はたったの4,5年で2人と1匹家族になってしまう。それはヤバイ。内2人自殺だったらもうなんか呪われてるよな?

それはヤバイ。当面は生きる予定です。

 

昨日うつヌケ発売されてないかと本屋に行ったら入荷がないというあるある事態になった。

予約を済ませてスーパーに行ったら気が遠くなりそうな感覚になってでも心臓だけすごく痛かった。

 

たまーにあるので深く考えずにツイートしたら、後にしたキャスで離人を疑われた。

今日離人を調べてたらあぁ、あるある!ってなった。まじかよ。

ストレスで発生するのなら買い物がストレスってことか?GEOとかTSUTAYAでも目的がないとよくなるんだけど。みんなお馴染みじゃないの?

ないのか、そうか。

いつからあるのかなあって考えてみたけど、中学生になったらもう泣かないぞっていうかわいらしい決意を入学1ヶ月で砕いてしまってからたまにあるように思う。小学校時代は泣き癖が酷い成績優良児だったので、分からない問題で指名されると泣きながら教室から逃げ出していた。中学生になったら泣いちゃだめだぞ。逃げちゃだめだぞ。そう思ってた。

幸いにも一度もイジメは喰らってないのだけど、ある運動部に入ってすぐあった春の大会?に男女比の関係と既に経験者であったという理由で出場して、ガチガチに緊張してた。

おれは前述の通り都合が悪くなるとその場から逃げ出しがちな生徒だったけど、当然負けそうになっても試合会場からは逃げられない。

途中から泣きながら投げやりなプレーをして、負けた。それを見てガチ体育会系故父がキレた。怒鳴られた後、話してもらえなくなることが大会のたびにあった。

家に帰るとどんよりとした雰囲気がつらくて自分の部屋に逃げて泣いて数日、故父に謝った方が早いよと母からアドバイスを貰って、泣きながら謝罪してたころ。

確かに悲しいしつらいんだけどもう意識は崖から落ちてるみたいな、足場が無いみたいな、気の遠い感覚があったように思う。正直ほとんど覚えてないけど。

理不尽さと煙草。どんより胸や腹に来るどす黒いものと息苦しさ。

 

性自認から来る身体や制服のストレスも相まってか、中学の記憶は薄い。

高校では私服だったけど勉強ができなくなったストレスで記憶が薄い。OD自殺未遂(のつもり)した時に気付いたら点滴を打たれていて故父が握ってくれている手が汗ばんでたことはちょっと覚えててる。そのまま部活辞めた罪悪感と開放感も覚えてる。

大学ではなんか人生のスピードについて行けなくて記憶が追いつかない。故父の病床での姿と故妹の死体は思い出せる。それはもうありありと。

こんなになくしてるなら記憶とか生きる意味とか何なのか分からないけど、10秒先までは生きるつもりで生きていきます。そんぐらいでいいよね。

 

またなんか思い出したけど23で死ぬっての、故父への復讐の気持ちもあったな。

最強の親不孝したかった。親より先に死ぬっていう。

でも残念だけど母のことも兄のこともペットのことも好きだから精々支えあって生きる。

そうしよう。