読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

※個人の見解です

思考の整理や自分語り

愚痴

性自認で困ってるという話。愚痴。

 

俺は善人であろうとしてる。存在感など皆無でいい。だけど善人であろうとすればするだけしがらみも後悔も生まれる。「善人」というラベルが邪魔で関係を断ち切ることなどができない。

ありがたいことに同年代の人の多くはあなたはあなたという性別でいいと言ってくれたり、まあどうでもいいんじゃない?と悩みを一蹴してくれる。この界隈の人ももちろんそうだ。多様性を許してくれる。ありがとう。

 

突然だけど親戚は好きですか?僕は好きでした。たくさん構ってくれましたし優しいです。

田舎の親戚というやつは「あの家に男の子が生まれた」「女の子が生まれた」を気にする。いや、世代的にも仕方がないのだろうか。日本人的であるのだろうか。

 

親は成長の過程を知っている。俺のために買われた女の子用の服はどうしても嫌で兄のおさがりばかりを着ていたこと、男の子とばかり遊ぶこと、制服が嫌で学校に馴染めなかったこと、すぐに体操着になっていたこと、チビの癖にメンズの服しか着ない、等。いい加減ここまですれば「女の子なんだから」と言い出さない親でよかった。

親戚は成長の過程をほとんど知らない。親戚内での二番目の孫として、「長女」として年に数回会い続けて来た仲だ。初めて生まれた「長女」としての前提があった上で良い子だ。合計10人足らずのいとこの中で2人しか生まれなかった「女の子」だ。もう1人だったはずの妹は死んだ。たった1人の「女の子」としての期待だ。女としての親近感を覚えた上での仲だ。死にたい。殺したい。

今日とてもいやになった。もう出来るだけ話したくない。好きだったと過去形にしたのは今日のため。できるのなら存在しないものとして扱いたいぐらいだ。

おばさんは若年性認知症と言われても驚かないぐらい物事を繰り返し言う。一度発言したことを覚えていない。だから何度も何度も何度も女の子とか女としてとかふざけたことを良心として言われて初めて嫌悪感が敵意として顔に出そうになった。出てたかは分からない。

 

喋るのが苦手だ。真実を話せば解決するかとも考えたが、何度も大きな声で繰り返されても困る。何より容姿や声が変わらない限りあの人は認識しない気がする。理解してもらえる気がしてれば俺だってこんな内向的に悩まない。

ただでさえ理解され辛い性自認と性指向であるのにどうやって理解してもらえばいいんだ。面倒臭い。こんな人と血が繋がってるのか。だるいな。死にたい。

逃げるしかない。

わけが分からないぐらい好かれてるのにこれを放置して逃げるのか?だるいなあ。本当にだるいなあ。居なくなったらどうなるかって一番できる子の兄貴がしんどくなるだけだろ。居なくなった出来る子たちの幻想にいとこ達は振り回される。そんなんはいやだ、良い子とか善人ってこういうところで覚悟がいるのか、キツい。何がどうなっても構わないつもりだったが全然そんなことはなかったらしい。

全部笑ってたら終わるよ、大丈夫。

とりあえず余裕はまるでないのだけど本気で性別移行考える。もうやだ。だるい。しんどい。