読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

※個人の見解です

思考の整理や自分語り

20170510

生き残りたいし生き残りたいし生き残りたい。けど実際本当に生き残りたいのかは分からない。分かってない。死にたいのか生きたいのかはっきりしてほしい。

希死念慮という言葉は鬱病の症状の名称だ。健常者は死にたいと思わないらしい。

おれは死にたいでも生きたいでもなく殺されたくない。死にたくても生きたくてもいい。症状や過去の決意に殺されたくないだけ。

 

たぶん昔から「殺されること」にすごい恐怖があって、今住んでる実家には小学校低学年ぐらいのころに引っ越してきたはずだが、初めて使う天井まで通ってる階段(?)がすごく怖かった。今は意識的に怖くないようにしてるけど油断すると普通に怖い。ここをのぼるときに二階から包丁を落とされたら死んじゃうって思ってたし、人間が潜める部屋がこんなにあるとどこかから出てきた人に殺されるかもしれないと思ってた。扉を開けっ放しにしていればそっと誰かが入ってきた音に気付けないかもしれないからできるだけ閉める。トイレのこの箱にはトイレットペーパーが入っているらしいけど開けたら誰かが出てきて箱の中に取り込まれて死んでしまうかもしれないから開けないとか。

なんというかすごい滑稽な恐怖心をこじらせてた。殺されるのが怖い。それだけだ。生き残りたい。最近はあまり思い出してなかったけれどやっぱ実家は精神に悪い。

 

背が低い分足も短いが、階段から誰かが物を落とそうとしても反応できないように二段飛ばしで駆け上がるのは練習したから得意だ。逃げ切ってやる。何からだ?

最近も母親と話しててこの恐怖心は普遍じゃないのかと驚いたりしたけど何だったか忘れた。地味に過ぎつつある話題で言えば、ミサイルが来たらどうしようとオロオロしていたら、ミサイル来たらみんな死ぬからまあ大丈夫じゃない?とどんと構えられてふざけてやがると思った。怖いんだよ。赤信号みんなでryみたいな話じゃないんだよ。

お前はちょこちょこ滅茶苦茶臆病だなという風に母親は評価してきたが、母親が強大過ぎてどっちが正常に近いのか分からない。

 

そろそろ進む先を決めろと急かされてる。気圧か気温か反復する鬱か、精神が無理な感じになっててsyrup16gを聴いている。ちょうどI・N・Mで逃げたいキレたい時もある別れを告げたい時も来るって歌ってるよ。

君は鬱モード全開の時大体この曲聴くね。別にどうだっていいけど。

腕から針が出てきて痛むとして。針が無限に出てきて我を失いそうだったのが、針が止まって、でもあるままで、はっとしてひたすら痛むみたいな感じになります。恐ろしく抽象的で伝わらない気しかしないけど褒めてます。

 

しんどくても何故かおでかけチャレンジは絶えなくて。行ってきますね。疲れましたけど。