読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

※個人の見解です

思考の整理や自分語り

20170515

界隈で何が起こってようがまあどうだっていい。どうだっていいと言うと冷血に聞こえるけど、選ばれなかった懸賞があっても会社までクレーム言いに行かないじゃん?

あんな感じ。おれは生活するよ。

 

昨日はamazarashiのライブ行った。耳と頭が割れそうで音圧で体が四散するかと思ったが、出羽さんが療養中のため4人でどうにかカバーしてることもすごくて終始感動しながら応援してた。適当なこと言うとネタバレになるかもだから言わない。昨日の感想はとにかく「良かった」!

 

最近三単語お題ったーで短文を書いて遊んでる。逆に言うとそれだけ日常生活にピリっと来るものがないのは少し寂しい。きっと感性は落ちてる。制作者じゃなく鑑賞者になりつつあるのかもしれない。

ピリっときて、感性の器からこぼれたものが絵や詩になりうる。おれの場合だけどね。

飽和でもしないと娯楽たる芸術は生まれないような気がします。余裕がある人が芸術をやる、という論があるけど、余裕が無い人も血反吐を吐きながら構図も構成も考えますよ。ええ。頭や体の中に思いの分からない得体の知れないものがうごめき続けるのはしんどいからね。発散しなきゃね。空虚なときも埋めなきゃきっとしんどいよね。

前者が純粋芸術で後者がアウトサイダーアートなのかもしれませんが深く知らないので断定はしません。

アウトサイダーアートこそが生の芸術という話もあります。多様性が広すぎて僕の理解が追いつかなかった例ですので詳しい話ができない。悲しい。勉強しろよ。

 

アウトサイダーアート、詳しい話は出来ないし、まーた抽象的になるんですけどね、世界の渦とか、アカシックレコードとか、ああいうのに繋がった絵だと思います。引っ張られないように気をつけてね。

 

 

 

勢いで詩考えました。磨いてない石です。

 

―――

生かしてやるためにおれは死ぬ

必死にぐねぐね動いてる。

捕食者の猫はまん丸目。

本体はきっと逃げれたろうか

ぐねぐねぐねぐねうごめいて

もぐる腐葉土は鉄の味

なんだかどうにも無機質で

悲しく虚しくなってきた

本体はずっと離れていって

おれの動きもあまくなる

そこまで行ったら猫もいないさ。

あたらしいおれと生きてくれ。

おれはぐねぐね動けなく

段々ちいさくかたまった

しんと鎮まったこのおれを

捕食者の猫はぺろりと食べた。

一日もすればおれはすぐ

猫のしっぽにかわるだろう。

 

しっぽ 20170515

―――

お題ったーに適当な語を入力したらトカゲって出たのでトカゲにしました。毎回3つお題出るのに1つにしか従いません。

 

そういえば諸外国って”05152017”とかにしますよね。月、日、西暦の。

知ってはいるけどなかなか慣れない、というか乱文を書きなぐるときは大体西暦、月、日にしてたせいで習慣が根強い。グローバルにしたほうがいいと思う。

で、たぶんやんないんだろうなっても思う。西暦が先になってたほうが時系列まとまってて好きだから。

 

ちょうど良く日付が変わりそうなので、寝ます。おやすみなさい。