※個人の見解です

思考の整理や自分語り

最近考えてる話

人類皆平等思想が拡大してる気がする。みんな知らない人だ。なんなら自分のことだってよく知らない。自分すら他人。

子どもが自殺したから私が悪いと言うコメントに対して「あなたは悪くない」と言いたくなるし「ギリギリ死んでなかったらどうしてた?」って聞きたくなる。不謹慎で冷酷だ。

 

過去も未来もどうでもいいし。

あの時声をかけてたらっては思ったけどさ、なんか違うんだよ。そう、例えば、中学2年生の頃の第一回定期テスト、もっと勉強しておけばよかったと思いましたか?思ったかもしれませんよね。僕は思いました。

だけど念じて念じて念願通じて4月に戻ってから中学2年生の頃の第一回定期テストもう一回受けることは出来ないでしょう。もっと勉強していい点取りたかったなら中学2年生第二回定期テストの高得点を目指すしかない。そうして人間はトライアンドエラーで成長してきたはずだ。

過去を顧みることには虚しさが付きまとう。同時に安心感もある。事実は変わらないから後ろを見る必要は無い。

中学2年生の頃の第一回定期テストのことなんて実は覚えていない。精々、先生のマル付けミスがないか熱心に答え合わせをして1点足してもらったとかそんなのだろ。2点落としてたはずなのに黙ってたとか。

変わらないものを考え続けるのはしんどい。

 

この先あと何年、何日、何秒生きていくのだろう。って考えるのも意味がない上にしんどい。今この瞬間だけでいい。今だけに向き合う力が欲しい。

あまり器用じゃない。死人にかまけてる暇はない。見えない敵に怯えてる暇はない。

自殺することに真摯に向き合うのも生活のあり方の一つ。 

 

話は少し変わりますが、忌避するべきものをただ忌避しているのって危険ですよね。

例えばコカインやヘロイン。何故忌避されてるかと言うと法律があるから。ダメゼッタイだから。

これだけの情報でただ避けていると、「作用」に魅入られた時にもう帰ってこれない。「副作用」の怖さを知らないから。

例えば言い伝え。ここより海側には家を建てるなという言い伝えがあるから。それが絶対だから。

この場合「作用」はたくさん家を建てられる平地で「副作用」は津波がぶち当たる家になることだ。

 

自殺の作用は現世からの離脱で、副作用は仲良くしてくれた人たち全ての悲しみと虚無だ。死ねば世界は終わるかのように見えるが、残念なことに世界は続いてる。クソッタレな世界が。お前は見事に捻じ曲げてくれたよ。死んでからぜってー殺す。

 

副作用もちゃんと確認して手を出さないのは余裕のある部類なのかもしんない。死ぬほど死にたかった頃はなんも気にしてなかったもんな。エネルギーって怖い。

 

 

おれは悪くない。妹が死んだことはただの事実だ。死んでなかったらどうしてたかな?精神科に行かせることぐらいできたかな?そんで、お前は、誰だったろうか。誰なんだろうか。赤の他人と何が違ったんだろうか。今居ないって、それ存在してたんだろうか。

 

 

ちょっと一貫性がなかったですね。風邪っぴきです、どうも。

おやすみなさい。

広告を非表示にする