※個人の見解です

思考の整理や自分語り

ツイートの補足のようなブログ

カントー地方から地元に帰った。ふるさとは遠いぐらいがちょうどいいね。この井戸の底にいちゃいけない。

 

家族と酒を飲む事になると「飲む事」にかなり要点が来る。母は何度も「お酒飲める子たちでよかった」と言っていた。もし飲めなくなったら価値ががくんと減るんだろうか。反面教師や教師たちがTLに多く居るためか、単に欲求の問題か、最近は飲まない日が多いんですけど。よくない子になってるのかな。

飲み会のようになると自然と夜が遅くなってしまって、気を遣って起きて喋ってくれてるなあと思う。そう気付いてしまうと恩(?)を返すために会話を続けてしまう。やがて向うは眠くなるととっとと寝る準備に入るが、自分は相手のために慣れない夜更かしをしているのに何をしているんだろうと思う。耳は疲れてギギンギギンと響いているのに、何をしているんだろう。誰のために何をしているんだろう。

 

風呂がしばらく使えそうにないから自室に帰った。整髪料を使っていたし汗で身体がすごくべとついていたから流したかったのだけど、先取りされたから仕方ない。部屋で座りもせずに「何をしているんだろう、何がしたいんだろう」と思っていると何故か涙がこぼれてきた 。鉄槍が喉から腹にかけて貫通したような重さ。痛み。ぐるぐる回る赤黒い線。死ねば解決する、終われる。簡単に、どうせお前の人生なんて。

久方ぶりの、強大な感覚でした。すぐ主導権は取り返せたけど、高校生のころは毎日毎秒こうだった気がするけど。

これがエネルギーってやつの片鱗か。そりゃ気軽に生きろなんて言われたら爆発四散するわ。言葉には気をつけていきたい。薬飲んで寝ろ。

 

 

 文字を読むことにはたまに不思議な怖気がする。それが読む行為だけにとどまることもあるし、二次元から音の振動に変わることな時もある。カラオケに行って普通に歌っていたら突如整合性が崩れた。途中からは歌詞を覚えていればできるだけ目を瞑った。カラオケはほとんど大声を出す場。一緒に行ったやつは歌うまだった。

「理解」という行程が何となく最近怖い。生活では意識してなくてもやってることもあるんだから冷静にいってほしい。

 

カントー滞在中大学の頃の友人と、メンヘラ.jpつながりの友人と会って、何がデフォルトだろうかと考えた。

希死念慮を思い出したことにより「あぁ、俺、現在は健常なんかな…」となった。健常社会にピリッと溶け込みだすべきなのかもしれない。

メンヘラであろうとは思っていない。ならどうだろう。

どうやってく?何してこうか?誰でもなくただ自分のために。楽しさのために。やりやすさのために。

ちょっと決めなきゃならんのかなあと考えてる。どうなりたい?何がしたい?

 

 

連日の夜更かしが響いてこんな時間です。まいにち夜10時に寝たい。おやすみなさい。

広告を非表示にする