※個人の見解です

思考の整理や自分語り

プールの話と詩

この所雨がすごかったり暑かったり落ち着きませんね。今日は気温こそたいしたことないですがちょっと溺れそう。

散歩をしたら小学校のプール指導のような声が聞こえた。あの頃のプールって楽しかったよね。僕は好きでした。着替え時間も含めて2コマぶち抜きで体育になってて、シャワーめっちゃ冷たかったりして、自由時間は潜水ごっことかして。次の授業の時身体というより意識が完全に重たくなってる感じ。いかがですか。エモっ。

 

おれは泳げるタイプの子どもでプールも好きでしたが、身体に対する違和感を覚えてからは授業以外まったく泳いでいない。高校まではプール授業があった。

プール好きだったって言っといてなんなんだけど、あれはトランスジェンダーには大変に残酷だ。

男女完全区分けならば自身が分けられた場所に居心地の悪さを感じるし、男女同時にやっていると「なりたい身体」と「自分の身体」の差異がどんどんクッキリしていく。同じコマでやっててもどうせ男子A,B,C、女子A,B,Cとかだしね。

まあ思春期にプールってだけでもある程度残酷なのかもね。あらぬ誤解を生み生まれしてるのかも。

知らないけど。

 

先日、「普通になりたいだけ」という意味で言えばトランスジェンダー発達障害は近い位置にあるのかな?と思った。

俳優の誰々みたいになりたいとかじゃない。イケメンになりたいとかでもない。高身長じゃなきゃやだってわけでもない。ただ普通になりたかった。そこらへんを歩いてる有象無象みたいになりたかっただけだ。

こんなのただのないものねだりだけど。まあ人並みになりたかったよねって、少し勝手な親近感を覚えた。

おれと性自認とかが似た友人の一人は「身体の性のまま年を食うのは耐えられないからいずれホルモンを打ち始める」と言い、もう一人は「ハゲるのはやだからまだ考え中だ」と言っていた。人並み、欲しいですね。考えないで任せておいても普通に成長(老化?)すると普通のルートが待ってるって羨ましい。おーいえー。

 

 

 

 

夏、夏ですよ。

そろそろ妹が死にましたよ。きっとです。いや命日は8月なんですけど。昨日の暑さは近いものがあった気がしました。

暑さに頭を持っていかれるな。イカレてきたら冷静に水風呂に入ろうな。頼むよ。冷たいシャワーでヒャアッってなろう。

 

詩です。××には地名が入っていたのですが特定がいやなので伏字です。そう伏字入りの詩です。

―――

××の地の湿度に今日も

溺れながらも汗をかく

ここから出られぬ焦燥が

再びぼくに降りかかる

 

ただのふとした思いつきが

ぼくの迷走を二段飛ばし

ロシアンルーレットじゃぬるい

あいつにそんな度胸はない

 

ふるさとの地の夏の力は

あいつの頭をとかしてた

葬儀屋さんのドライアイス

腸の生きものを黙らせた

 

ふるさとの地よ、どこかとおくへ

××の地よ、離しておくれ

ふとした思いつきの罪状

溺れながらも呼吸しろ

ぼくは生きたままで逃げる

 

20160822

―――

 

妹氏死後一作目です。

逃走したいですね。したくないですか?おれはしたいです。

中原中也の詩集を開いたら語感がすごく良くてよかったです。透明感は好みじゃないけど音がいい。

 

 

電話を待たないといけないから書き始めたのですがまだ電話来ません。出かけていいですか?

おしまい。

広告を非表示にする