読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

※個人の見解です

思考の整理や自分語り

IFの話

もしああだったら、

もしこうしてれば、

 

騙されるな、それは存在しない。ダイバージェンスメーターはシュタインズゲートを持つ者に委ねるしかできない。彼らの正義しか押しとおらない。

騙されるな、敵は周囲にいるわけじゃない。常に今をベストの形にしていかなかった過去の自分自身こそ宿敵だ。そうだろう。

 

過去を断ち切るためにさっさと辞めた。もしもの世界なんてあり得ない。とうに失くしたものだ。

「もしこっちだったら」と言うがそっちだとどうなる?いいかもしれない?なら悪いかもしれないじゃないか。確実性はどこにもないんだ。評価基準はなんだったんだい?

過ぎた現実が全て平穏無事かつ至極穏当な現実になる。選択肢に迷う事は正しいのか。

認めてくれ。忘れることだっていい。思い返される故人の好みは知らないよ。

いくら悔やんでもダイバージェンスメーターは変わらない。過去には行けないから。

 

好きな人だけを守るんだ。みんな、各々、それぞれ。それが自分だという人もいれば家族だという人もいるし、恋人だって人もいるかもしれない。色々いるだろう。おれには意識できない領域だってあるだろう。

物語が進んで行くにあたって無限の選択肢を取ったのは自身の意思と無意識だ。右に行こうと思った。そのとき頭が痒くて掻いた、それだけの右手がどこかに繋がるかもしれない。何かが始まるかもしれないし、日々を終わらせてしまうかもしれない。

 

調子を取り戻したのか相変わらず明るくて強かった母さんが涙を流した。どうでもいいことで泣いたとはぐらかされて、言及できないおれは窓の外を眺めるばかりだった。

おれにとっては居なかったことになってる。ただ明確な傷だけを残して。

骨が折れて、くっつかないままぽっかり空いてるのに、表皮だけが治っているみたいだと思った。押したら空気にぶつかる。折れた骨が痛い。そんな感じだ。

泣けるというのは傷を癒している段階なのかもしれない。感情の傷は感情でしか治せないのだろうか。

もしもああだったら、と声を漏らすことは現状を受け容れるためのものかもしれない。過去の自分をも肯定しようと必死なのだろう。

 

辛かったことも楽しかったこともほとんどが無かったことになっていると母にこぼしたらそんな訳はあるかと笑われた。

記憶がほとんどないのは頭のスペックのせいか、ストレスのせいかなんなのか。

階段から声をかけてきた姿と、死体と、カラオケでの笑顔と。それぐらいしかない。

父に至ってはいつもの笑顔と冷たい死体と離婚だという一度きりの罵声だけ。

もしおれが違う行動を取っていたなら、おれはもう少し安定した精神でいたかもしれない。もしおれが違う行動を取っていたなら、生きていたかもしれない。

考えて変われるなら考えろ。変わることなどないのなら空想だと理解しろ。

世界線はきっとどこかに集束する。無数の命を踏み越えて。

他の世界線には移れない。他の世界線ではあいつも生きているのかもしれないが、そこはおれの居場所じゃないんだ。

 

壮大すぎて頭が過熱する。分岐路が四次元方向まであるみたい。

今を許して。他の世界線の幸福でも祈って。変わらないものを変えることは難しい。ぼかあ許されたいので、どうにか今を許そう。

 

離人みたいな感覚が剥がれない。考え事をするとずっと何かが集束してる。おやすみなさい。

散らかってる話

思ってること 日記 記憶

梅が咲いてる。今にその街から出ている。天気がいい。

桜前線ならぬ梅前線で死にたさや精神不安定が発生するなら季節に合わせてずっと北上していったら人の精神は安定するのだろうか。

梅の前線に合わせて曇天の重力井戸の底へ帰る。流石にもう過ぎ去ってるのだろうか。

 

春の始まって起きていく気配はなんとなく落ち着かない。暖かさが落ち着かない。秋の終わって眠っていく感じのほうが好きだ。冷たい空気で身体が凝縮される。

 

人を思いやって止めたつもりのことを後悔したくないから止めたのを止める。エゴでしか主観的な人生は進まない。

一台のバスに詰まった人生の密度を知らない。傷つけてしまうかもしれない。不快に思わせるかもしれない。

 

これまで何冊の小説を読んだことがあるだろう。一人称視点の本はそのキャラクターの人生の主観だ。だのにキャラクターの半生も知らないことに気付いた時は驚いた。

人に声を掛けるのはまだ少し緊張する。だけどおれがその人を知らないように、その人もおれを知らないというのは安心できる。

意外と誰だってどうでもいいのだ。旅の恥は書き捨てだ。

 

実の所自分だって自分をよく知らない。生まれて思って考えて、その履歴はノートぐらいにしかない。

貫徹することに怯えなくていい。人は変わる、社会は変わる、世界は変わる。毎日変わる。

 

ベストな選択をしたって逆転されることもあるし、その場しのぎの一手が好転の種になることもある。

手を繰り出せるだけでもすごいし、一回休みしたっていい。そのままでいい。死んで正解に着きたいなら即神仏になろう。なんかわからんけど修行しよう。

 

帰ったら死のうと毎日思っていた頃、ふとバスで見えた水平線に鳥肌が立ったことがある。

海はあまり好かない。あの奥に意味のわからないほどの生き物がいる。深いし。息はできないし、暗いし、怖いし。

住宅地と山ばかりでぎとぎとした視界が海と空だけになった時は死ぬのかと思った。

あのとき晴れていて、海が青くて、海が好きじゃなくてよかった。

 

 

せっかく記事を載せていただいたのに全然関係ないことを書いてしまった。

http://menhera.jp/2219

載せてくださったメンヘラ.jpさん、読んでくださった方々、ありがとうございます。

実はどんな駄文か怖くて確認できてない。だけど大丈夫、きっとそんなに気にされてないのさ。

そういう軽快さで時速100kmぐらいで進んでる。たぶん。こういうときにさっと寝れる人が羨ましい。おやすみ。

お酒の話

日記 お題箱から

お題箱第2弾。

 

☆お酒は何が好きですか。お酒について語ってほしいです。

酒はビールばかり飲みます。考えるのが面倒で。焼酎以外なんでも飲みます。あ、でもホッピーは好きです。

アサヒの喉越しが好きだけれど、これは祖母宅の飲み会がいつもアサヒだったせいだと思う。よく飲む第三のビールはアサヒプライムリッチ。

 

ビールに関して頑張って言うとヴァイツェンとかペールエールが最近は好き。前まではIPAというもうアホ苦いやつが好きだったけど最近甘みのあるもの好き。味わうという行動ができると気付いたため。

詳しくはないから話振っても面白くないと思うよ。なんせ最強の記憶力!どれがどううまいとか覚えられない!悲しい。

絶妙に関係なかったけど「僕ビール、君ビール。」というやつのイラストが好きで美味しかった記憶はあるので是非探してください。ローソンにあることがあるらしいです。アマゾンになかったからリンクは貼れない…。

 

無難にハイボールもよく飲むけれど、こっちはあまりこだわってない。

金の消費が激しかった頃はジャックダニエルにどはまりしていたからそればかり飲んでた。大学生は大人しくブラックニッカ飲むべきだった。金銭的に。

今はブラックニッカとかトリスとか、安いやつしか飲んでない。昨日飲んでたのは友達引越し企画にあたって余ってたらしく貰ったジャックダニエルだった。最早ふるさとの味ってぐらい安心した。

そういえば卒業祝いにって後輩がボウモア12くれた。もったいなくてまだ飲めてない。

 

梅酒がおいしいと思い始めたのはヴァイツェンを好みだしたころから。でも甘すぎるのはあんまり飲めなくて日本酒ベースの梅酒ぐらいのすっきりさが美味しい。香りと味でちゃんと楽しめるのがいい。

梅酒をたくさん置いてる店に通っては好きになったこればかり飲んでたので覚えました。おいしいよ。

越乃景虎梅酒720ml

越乃景虎梅酒720ml

 

 

日本酒ではにごり酒かしぼりたてが大体好き。

新潟県の日本酒はガッツリ辛口らしいのでそれらは家族の舌にはあまり合わない。ぼくには菊姫のほうが本当に合わない。辛すぎ。

日本酒を飲みすぎるのはやらかしたことがあって怖いのですごいゆっくり飲む。

吉乃川の冬季限定甘酒仕立てのにごり酒が好きで毎年買ってる。美味しいので甘酒好きな方は是非!

 

ワインは好んでは飲まない…一言でも言えない…。

大体アルパカのシルエットかわいい!とかで買ってます。酸化防止剤が良くないという話を聞いてから自主的には飲まなくなってしまいましたが赤の渋みが好き。

親が白の辛口が好きらしいので自然とそっちのほうが飲むことは多くなる。食べ物が一緒にあるほうが美味しいお酒って認識であってるのかな。

あってるとしたら食べ物をあまり楽しめてないから向いていないのかもしれない…。

 

焼酎はホッピー飲むならキンミヤと教えていただいたのでキンミヤだけ所有してる。たまにホッピー買う。東京行ったらホッピー飲むのが楽しみ。 

 

おとといはハイボールで、さきおとといはカルーアミルク飲んでました。その前の日は飲み会でビール大瓶3本程度は飲んでたろうか。さらにその前の日は日本酒かっぱかっぱ飲んでた気がする。差が激しい。カルーアミルクて。

 

全部に言及してたら意外と長くなった。お付き合いいただきありがとうございます。

前世の話

日記 お題箱から

お題箱にもらってたお題を使う。2つだけあったから。丁度いい数。

そう思って書き出したけど思ったより長くなったのでもう1つはまた後日書く。

 

☆ハジさんの前世が知りたい🍣

匿名使用が出来る場でこんなにシンプルな記名をされるとは思ってなかった。

前世とかしらねぇ~って生年月日から判断するサイト見たけど、この人はたぶん「前世が私を創造した説」を考えた人だよね。だからそういうことじゃないよね。

改めてその説を見に行ったけど難しいすね。

自分のステータスを客観的に見ることから始める。もしかしたら他人どころか自分にも興味ないのかおれは…。

・チビ

・ハイパー乱視

・運動能力はあるほう

・フットワークも軽いほう

・好きな音楽を聴きすぎる/好きな本を開きすぎる

・記憶力が死ぬほど悪い

・考えることは好き

・(たぶん)絵が描ける

 

先日テラフォーマーズを立ち読みしたのですが、風邪村とかいうキャラクターが病弱で家(すごいいい家)の役立たずになってることに責任を感じてて、生存率が低いM・O手術かなんかを決行して無理矢理強くなったって回想あったんですよね。副作用も大きいけど。いつもテラフォーマーズ読んでないけど。

それを思い出しながら頑張って考えたぼくの前世のステータス。

○身長が高すぎてコンプレックスだった

○病弱インドア

○お絵かきで暇つぶし

○刺激(ストレス)慣れしてない

あたりで如何ですか。

コンプレックスを払拭しようと作ったら低すぎて、あんまり外出れないから無駄にアクティブにして、お絵かき好きだったからそれは残して、でも刺激慣れしてないから同じものばかり繰り返す。

やりすぎ感に親近感覚えますね。まあこの設定が正しければ前世なんだから親近感覚えて然るべきか。

 

ちなみに生年月日で見た前世は「創る人」だった。

芸術家タイプという社会不適合の烙印から逃れられません。一生逃げられなくても、まあいいかなとも思ってます。

 

 

今日はカーテンを開けた。ごはんは忘れてた。

妹の死因について、話さないでいいかなと思ってたけど、友人から連絡が来たので、その真摯さに感謝して本当のこと話そうと思う。

一緒に昼飯行く予定。優しすぎるあの子にダメージが行かないように、頑張るよ。

なんで毎度おれは人が受けるダメージばかり気にするんだ…もっと人を信じたい…。

あそび

チラ裏

ぱ ぱ ぱんだ ばんくーばー はんばーぐ はんぶるぐ ぐらいだー だるまおとし しょうかいじょう しょうじょう じょうほう ほうらく ほーちみん ほうぼく ぼんさい さいしき さいど どらまてぃっく どめすてぃっく ぐらすふぁいばー ばんこく くらいしす すーぱーかー ぱーとたいむ たいむきーぱー げーときーぱー げいごう うんかい にほんかい おほーつくかい ばいがい こうがい こうえん えんちょう ちょうせい せいぶん ぶんりょう りょうき きょうき こうき しんき きょうび びょうき びょういん いんせい せいばい ばいどく どくがす もうどく もうちょう しょうちょう ちょうよう しょうしょう しょうゆ うゆに にょうそ そだいごみ みょうあん あんばい ばいと とらんす らんぱく ばんぱく きょうかく きょうたく こうたく たくあん たくじょう こうじょう せいそう せいぎ いでおろぎー ぎょうかい かいしゅう かいじゅう じゅうき うき ぶい ぼうちょう はれつ われる るーびっくきゅーぶ ぶれんどこーひー こーひーみる ふんさい さいばい さいせい せいりょう いりょう いりまめ いりこ こんぐ ごんぐ ぐらす すらいす らいす いすらむ むー むーるがい いんしょうは はんこうき こうき ぜんき きーぱー ぱんく くらっしゅ らっしゅ しゅーべると しょーぺんはうあー ぺんしる あんしょう あんきも きんざん ざんぱん しんぱん こうはん ぜんはん はんばく ぱーく くんしょう しんしょう しんぞう ぞうきょう こうきょう しんきょう いきょうと とんぐ ぐれー れいんぼー ぼうがん がんぼう うりぼう うりょう うんこう こうぎょう こぱー かっぱー ぱり ばり ぱりばり ぱんだ

 

気持ちいい形の音を探した。あまりなかった。口に出したら楽しい。連想ゲーム。

父の話

記憶 思ってること

部屋のポスターを剥がしたところから宗派や思想の転向と映画スタンドバイミーで奪われた帽子に思いを馳せてたのでその話を書こうと思ってたけど昨日の二つのブログは家族に関したことだった。

なので父のことでも書いてみようかな。

 

まず言うがおれは父が嫌いだった。怖かった。

世間的に言う良い父親であったとは思うけれどほんの数回だけの完全シカトで挫けた。

いい父だった。好きだった。のがいきなり怖くてつらくなった。

自分が悪いとも、どれがどう悪かったとも納得できていないのに黒々とした重い雰囲気に負けて謝ることになってなあなあに解決したフリを繰り返した。どう謝ってたのかとか記憶は無い。他の時期と同じ程度に笑った顔の写真は出てくるけど、記憶がない。

 

一人暮らしが始まった。ゴールデンウィークと夏休みに帰ったら元気そうだった。いつも通り死にそうな咳をしてるからいつも通りタバコやめれば?って言ってた。

学祭であったら死にそうな面をしてて声もまるで変わってた。本当はそんなの行くなってドクターストップかかってたらしい。

すぐ入院して1ヶ月ぐらいで死んだ。

おれから何も打ち明けることもなくただできるだけ穏やかに死んだ。

 

色んな思いの食い違いを直し損ねたままだった。

性自認の話を(母は何となく察していると楽観的に見るとして)父には伝えられないまま死んだ。喋れなかった。

喋れるタイミングはあったのに。つらかった復讐として追い討ちをかけれたのに。

 

辛そうな人たちにより考え事増やさせるような真実言わないっていう優しさですね。果たしてそれが最良だったのかただ自己保身に走った結果か分からない。

復讐をできなかったことはなんとなくこの先の精神状態にもずっと関わってきそうな気がする。昔はそれだけをモチベーションに生きてたんだもんな。仕方ないわな。

 

復讐は何も生まない。

何も生みたくない、つまり死にたいから復讐をしようと思ってた。

親ってもうちょっとぐらい生きてるんだと油断していた。完全に誤算だった。

 

死んでくれてせいせいしたとなるわけはない。おれが死ぬタイミングを道連れに死にやがったのだ。それだけが悔しい。

あんまりifの話をしない兄貴だけど、もし父が生きてたら妹は死ななかっただろうかとつぶやいていた。

どうにもできないぜ。悔しいな、だるいなあ。

 

父のこと好きかもしれないけど、同時におれのクソみたいなメンタルを破壊した張本人だと正直恨んでいる。紙飛行機飛ばしながらあーあって思う程度に恨んでる。

このごちゃごちゃ感もちょっと気持ち悪い。好きなのかもだし嫌いなのかも。

嫌いな人がほぼ居ないから同一人物に好きと嫌いを同居させることができない。

「好き」か「居る」か「居ないことにする」。嫌いに対応するのが三つ目の無関心だけど好きとか居るとかと共存できない。難しい。難しい。

20170304

日記 思ってること 記憶

記憶が落ちてく。認知の歪みから来る人生うまくいくはずなんてない発作が来て死にたくなってるし泣きながらキーボードを叩き始めた。

ハジというのは裏垢でありまして、裏垢の裏垢を作るのも僕は癪です。(見せてくれるのは大変ありがたいのですが。)

強いていうならURLを開かなきゃ見れないここが裏垢の裏垢です。思想と感情の墓場です。

お前ら全部おれを嵌めてるんだろうって被害妄想を打ち倒した。ルールを侵してまで。ルールに従順な人間だから自分でルールを侵してまた泣く。

 

 

きっと大丈夫、そろそろ酒が回ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

親父には墓がない。

妹にも墓はない。

そのうち樹木葬をやるって話だ。

親父をすぐに祖父が眠る墓に入れなかったのは妹が「墓に入れないで、ずっと家に置いててもいいじゃん」と言ったせいだ。無宗教での葬儀ではあったが。

妹の整理がついたら墓にいれるかとか自然葬するかという話があった。あいつの整理がついたと判断される前に死んだ。ふざけんな。

一番年下のお前がちゃんと泣いたからそうしてたのに。なんで死んだ。そうさ死んだから言えるんだ。過労死も然り何故か死んだから言及したくなるだけかもしれない。無意味なところなら掘れるんだろうな。クソみてえだな。だけど教えてくれなんで死んだんだよ。おれ少なからずお前に救われてたのに。お前と話すの楽しかったのに。お前も楽しいって言ってくれたの嘘とか社交辞令だったのかよ。くそ。

無責任だなあ。悲しい。死ぬ前にちゃんと悲しんで力になってやれたらよかったのかなあ。

 

 

骨壷が二つになった今、骨が連なるというのはあまり縁起が良くないと言って来る人がいる。おれも話を聞いてるってことは親戚ぐらいだが。

いつどうするんだろね。わからんや。

 

 

最近ガッシュを見始めたけど、ガッシュも負けそうなぐらい流してた涙を逐一拭いていたら少し落ち着いてきた。

アナ雪みなよって自称鬼畜な友人が言ってくれたけど眠たくなってきた。

落ち着きましょう。いい子な感じで。