読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

※個人の見解です

思考の整理や自分語り

20170219

昨日一昨日は親に引きずり回されて、無理を隠す技術がセミプロ級のおれはしっかりくっついて走り続けて親が家に帰ってからの昨晩に全ダメージが来た。

まず身体が物理でへろへろ。PC前の椅子に座ってる状態からお茶を入れようと立ち上がって崩れ落ちる身体。面白。疲れすぎ。ははは。

 

 

 

 

何が悪いのかいいのか分からなくなってきてとりあえず酒を飲んでみたらガンガン回ってしまって何故か凶悪殺人犯の発言集みたいなものを見ながらキャスを流す。

殺人犯と自分の常識の違いに耐えられず身体がパクっと裂けるイメージが断続的に流れる。

流した血を両手の平にのせたときのような冷たい無力感。

重力が血だったのではないかというぐらい開いた手の平が重い。

血が温かくて生きてる心地なんてしたことはない。表皮を伝ってる最中の記憶はほとんどない。

あったのは小さな血だまりと、冷たい血餅。固まった血がぱりぱり割れる感触と傷口の熱だけ。

過去の感覚が全部そのとき帰ってきてしまって、だけど実際に傷があるわけでも血が流れてるわけでもない。見事な禁断症状。出来たら切りたくはない。

何をすればいいかわからなくてキーボードに伸ばした手の丸まり方が妹の死後硬直とそっくりで手を見ることが怖くなった。

それならばベッドの隅に置いてある手ぬぐいをドアノブにかければいいのかと意識だけが自殺ルート。まだ手の平を見つめてパソコンの前で震える身体は置いていかれたまま、意識は2,3度手ぬぐいを手にとるまでする。早死にしそうなおれに友達がくれた健康10か条が書いてあるくだらない手ぬぐい。震えたりしてる割にずっと笑い続けてる。あぁ、死にたくない。生きたくない。死にたい。

置いてかれたままの身体でコメントを打つ。現状とネット上の意識が食い違ってて気持ち悪い。落ち着けよ、面白いな。

飲みすぎたら倒れるように寝ないかなとアルコールを追加したけどイメージの血が止まらない。

途中で眠剤を飲む。きかねえ。眠れない。オーバーヒートも止まらない。この日は鼻炎で息が下手だったこともあり焦燥感満載の呼吸になる。怖い。

毎日一つずつ飲んだ錠剤のシートが昨日で一枚空いたから、何か取り返しのつかないことをしたような焦りを覚えて暗くして横になっても首を吊らなきゃいけない気がしてでも家族で2人も首吊りだったらもう呪われてる感ヤバいよね!それはだめだね!だめだね!ダメだよ、ちょっと、

眠剤をもう1つ飲んだ。起きてから調べたら最大量3mgで僕は4mg誤飲していた。

 

疲れたら何が何でもすぐ寝ること、眠剤は寝るそのときに飲むことをこれから気をつけたい。

悪夢で誰かを連れて逃げ続けていた。攻撃されて攻撃して逃げた。あ、死ぬって思ったあたりで起きた。起きたときものすごく疲れていた。今もバイトがあるみたいだから起きてるけどしんどい。

疲れた、疲れた。充足した眠りをください誰か。お願いします。