読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

※個人の見解です

思考の整理や自分語り

20170429

酷いぐらいの量下書きがあるけどどうも筆が進まない。

どれもこれもクソみたいな中二的な発想なのかと思うと自分を殺したくなる。殺さないけど。そう思った事実も消さないでおくけど。

 

 

自分が昔書いた詩を見ることは楽しい。部屋で陰鬱とした気持ちで居た理由すら思い出せるから。

時々その暗い気持ちの文字列がすごく中二病的で、あぁ頑張って死なないようにしていたんだなと思うと微笑ましくて、だけど敬礼でもしたいような気持ちになる。死ななかったおかげでまだ生きてるよ。楽しいこともあるししんどいこともあるよ。嬉しいこともあるよ。辛すぎることもあったけど死なないでくれてありがとうな。まだもうちょい笑ってこうや。

 

言葉を考え出そうとするとカッコつけてるように見えてイタいか否かって基準が思考の大きな位置を占めるようになっている。こんな日常的でない言葉を使ったらまたイタいのかなって思うと本当に指が止まる。今平然と文字を打っているが自分で「中二病的」とか言うことで予防線張ってる。防衛戦線ギリギリ。

いつラインが崩されるかの勝負です。

ていうか何までなら許されるんだ、マジで。つい数日前までは自分で許せてたのに、折角積み上げた価値観を自分でぶっ壊すなんて勿体無い真似したな。

すぐに直る(治る?)と思ってたけれど、全然落ち着かない。時間経過で戻らないならしっかり向き合うしかない。仕方が無いので気分が安定してるときに思い出して追体験をしようとすると「死ね」という簡潔なワードにずっとペンキが塗られるだけで状況を整理する前に感情に引っ張られる。

思った感情を否定し続けるのはしんどい。たぶん心の底から自分に対して怒りを感じて、自分に対して死ねって思ってんだ。どこか死にたくない思いもある癖に。

受け止めるのって難しいね。全部飲み込むのは楽なのに。

 

もう少し自分に対して優しくなれないとたぶんよくない。

人にどう思われるかなって緊張するのも、人なんかどうでもいいから死んでしまえと思うのも自分の理想像が強すぎるせいなんじゃなかろうか。

どうせぼかぁチビでひどい冷たいやつででも生きるのは大好きって割り切れたら楽そう。優しくなりたいと思えば思うほど自分の攻撃性を否定してしまって遠まわしに自分の人間性を否定してしまう。

自分の領地を自分のためだけに守りたいのは、人間が動物である限りあり得る縄張り意識だ。利益を得るのは自分だけでいい。フツウは圧倒的大多数の人と領地をシェアして資源を取らない。資源は限りあるから自分のためだけでいいと心のどこかで思っているのに、みんなで使えばいいと優しい人ぶって利己的な人間である自分を否定しようとする。

自分の為だけに生きてもいい、利己的でもいいと思えたら幾分か楽になるんやろか。

誰より先に自分に対して優しくなれたらいいのにね。

 

 

夜ですね。寝ましょうか。

おやすみなさい。

昔書いた詩

折角公開設定を戻したから何か書こうと思ったけど何もない。下書きもいじるのが面倒くさい。

なら書かなければいいのだが。

描くといえば今日は久しぶりに絵を完成させた。小さいやつだけどなんだかそこそこ満足してる。珍しい。

 

なんとなく昔書いた詩を引っ張ってきて今日はもう終わりでいいや。

 

 

―――

ぼくらは過去に獣だった

腹が減ったら走り回り

喉が渇いたらさまようべき

常に小さな獣だった

 

ぼくらは神に捕まった

腹が減ったらえさがあり

渇きの前に水がある

いつしか獣は飼われていた

 

何を笑おう どうしようか

感情さえも神が動かす

 

ぼくらは獣であった日に

神がすべてだと信じてた

やさしさも 痛みも

えさや水さえも

ぼくらは神から食わされた

神も過去には獣だった

 

捕まった 最初のやつは誰だ

眠りや平穏に化学が要るようになった

捕まえた 最初の奴のせいか

 

鎖はどこかで壊さなければ

走り回ってさまよい千切れ

 

何に叫ぼう どう笑おうか

原初を笑え おれは獣だ

2014.11.04

―――

 

 

親の影響ってでかいよねって話でした。

身体が普通に調子悪くてでかけたくないけど、用事あるので出かけてきます。今日は車じゃないし道中酒飲んだろうかな。ついでに髪切れねえかな。

積み本を早く消化したい。

 

いってきます。またよろしく。

20170417

生きている辛さを可視化したかった。できるわけはなかった。

生きている辛さを痛覚にした。これは簡単だった。

 

簡単なものというのは中毒に陥りやすい。インスタントラーメンはいつでもすぐ食べれて素敵。高級中華はなかなか店に入れないから食べれない。ラーメン屋に行くのだって毎日はしないだろう。

コストパフォーマンスが良くて手間も少ないものにハマる。誰でもかんたんインスタント人類。インスタント精神疾患

裏通りでしか買えない違法薬物は裏通りに行って金を払えば買える。買ったことも使ったこともないから想像だけど。市販の薬品でラリってる奴らが絶えないのは地方に裏通りがないからかもしれない。それだけはやめておけ。ラリってるやつは段々ゆっくり徐々に減らせ。頼むぞ。

 

気圧のせいかすごくテンションが低い。午前中はむしろハイテンションだったのに不思議だ。いやハイテンションだった反動か?知らない。

腕にはたぶん仮想敵が潜んでる。作り出してしまった仮想敵。

やっつければちょっと世界が平和になる。だけどまたいずれ世界は汚染される。勇者と魔王のいたちごっこ。

仮想敵が活発化していながら思考力も豊かに残存してるとき、たまに覚醒剤中毒みたいだな、と思う。要はヤク中だ。

身体を虫が這い回る幻覚だとか、とってもとってもいなくならないムカデだとか、そういう話に近いものがある。

 

強い決意を持って自傷行為を辞めたつもりはない。ただ傷があると生き辛いと気付いてやってない。いつやるかは知らない。できたらやらないでいたい。自縛しているわけではないからたぶんやっても過剰な罪悪感はない。それぐらいの緩い縛りが楽だ。

覚醒剤中毒ならば48時間で苦しみは最高潮になるとブラックジャックが言ってた。

なんてことはない、切りつける一時的な快楽よりも禁断症状の苦しみのほうが気持ちいいんだろう。苦しいことに自己陶酔してる。マゾかよ。最初から生きる苦しみで気持ちよくなっちゃえよバーカ。でも知ってるよ最初は逃げたかっただけだもんな。ドンマイ。過去は置いてけ。いいよ大丈夫。

つらいのは嫌いだ。痛いのは嫌いだ。苦しいのも嫌いだし虫もそんなに好きじゃない。

 

衝動的に起きる腕の疼きはもののけ姫のアシタカの呪われた腕に近い。暴れ狂う。

押さえつけても鎮まらないなら説得する。あんまり聞いてくれない。

 

母に朝8時半に起きたと言ったらもっと早く起きろと叱られた。おとといからろくに母の顔を見て話せていない。おれはあなたではないので行動強制は止めていただきたい。

 

おやすみなさい。

サクラの話

この間所用があり、地元からは離れた土地で友人の家を転々としていたのですが向こうではもう桜は散りだしていました。地元の桜はどうなってるか外に出て行く元気がありません。ハジです。

今日は朝7時台にちゃんと一度起きたのですが身体の力という力が入らず起きれませんでした。眠れないのに11時まで身体を動かすことも困難。ここ数日張ってた気が抜けたのかもしれません。そういえば夜も9時ぐらいから寝ようとしていたのに11時は確認してしまった。したくなかった。

 

起きて何をしだしたかというとアルバイト探し。遠方の地は金を使う。金は使うとなくなる。そのまんまだ。当然の驚き。

ジモティにアルバイトという欄があることに先日驚いたことがあったので、地元県全域でアルバイト欄を見ると時給3000円の文字。

なんだ、水商売も載せるのか。すごいなと思いながら開くと思った感じにゴテゴテしていない。バイト情報誌の後ろのほうに載ってる無駄にきらびやかなヤツを想像したのだけど逆に随分シンプルだ。

よく読むと「お客様の知人として結婚式等に出席するお仕事」だった。

愚痴を聞く仕事や「レンタルフレンド」になる仕事もあった。それは確かにあのゴテゴテ感にはならないわな。

 

完全なるサクラでどこかの国に葬式で泣く「泣き女」って仕事があった気がするなとか考えたけど、これが意外と重宝されているらしい。

例えで頂いたリプライが「ネットで知り合った恋人同士の共通の友人代表になること」とか。

ネットの世界は匿名であることが多い。小さな情報を辿っていけば匿名性は容易く崩せるが、例えば誰も俺が通った中学校など知らないだろう。共有している記憶が圧倒的に少ない。これがネットの強みであり、弱みだ。

僕は匿名性が好き。ああでも顔も知らない相手と会うのかって呆れられるのも分からんではない。どこでの繋がり?何歳の人?何の仕事してる人?どういう人?怪しい人じゃないの?大丈夫なの?分かるよ、不安だよな、分かる。路地裏に連れて行かれて殺されたらどうしようもないもんな、分かるよ。納得はするよ。共感はしないけど。

匿名投稿特有の情報量の少なさ(これまで何をしてきた人かとか人柄だとか)がいいものか悪いものか分からない。結婚とかいう大きなイベントで世間体から嘘を吐く良さも分からない。

匿名の気持ちよさを履き違えてる。そんな感覚居留守程度で十分だ。

 

あいつは止めておけ。旧知の人は言うかもしれない。そういう前情報をお互いに得られないのは良いことなんだろうか。逆にあいつは良いやつだからと笑顔で送り出されることもないこれまでの人生の石の積み重ねはなんだったんだどこに行くんだ?

一から、いいえ、ゼロから始めましょう。

その言葉の甘さが全てを物語っている。過去を持ったまま生きるのは重すぎるんだ。暗いところで生き続けるには暗いところを知りすぎてるんだ。

 

徳を重ねようと生きていて。その徳は気付けばドロついた自己欺瞞の発酵したやつみたいになって。

積み重ねて膿んでいた悪行は匿名性に洗い流されてきれいさっぱりか?

 

匿名性が求められてなければSNSは流行らない。よりそいホットラインは毎日繋がる。心療内科も精神科もカウンセリングだって予約なしで行けるかもしれない。

ネットの海に浸って皮もふやけて曖昧な身体になって俺は何になれる。話しているその相手は何者で誰だ。

需要と供給が合致したからこういうサービスが生まれた。需要を出したのはどこのどいつで何者だ。誰だ誰だ。俺何になれる。誰だろう。

この人と話すのは楽しい、誰だろう。俺が何だろう。何が俺だろう。

記名制であれ。

20170410

誰かの思考の結晶をどうこう言うのはナンセンス。

これは個人的な気持ちの話。

 

詩というものを書き続けているが、おれは単に音が全てだと知覚していた。

口に出したときころころ転がる語感を元手に、頭を抱えるのが作詩だという風に頭が固まっていた。いつの間にか。気付かなかった。

現代詩で調べたらおれの一番好きな作家もwikipediaに載ってた。おれが好きなのは現代詩なのか?近代なのか?わかんね。

 

一番好きな作家と言うのがかの有名な谷川俊太郎で、好きと言う割りに二十億光年の孤独しか読んでいない。

正確に言うと持ってるよ。持ってるが、読みすすめる気が起きなかった。

あれが出版された時作者は18歳と書いてあったかな。諦めた思春期が為せる透明な感覚に惹かれた。(救いの話 - ※個人の見解です

技巧的に攻めるでもなく、日記のような平凡さでカツンとした、結晶のような詩がかかれてた。だからあれしか読んでない。年を重ねれば人はそれだけ保守的になる。それが怖くて読んでないだけだ。透明なままでいてほしい。

 

教えてもらった現代詩は感情の羅列という感じがした。生のままの感情で、透明とはどこか違う感じがした。し、話続けていてこれは感情の反応の違いなんだろうなと勝手に納得した。

 

いまや別に自分と違うものを廃絶したがるほど幼くはない。

どちらが優れてどちらが劣るという話でもないししたくない。

ただ面白い。

おれが語感が全てだと思ったときに、別のものを第一にした作家もいるというのが不思議だ。その差を愛したい。

 

 

すごく良く撮れた気がする写真は独り占めしたくなると言ってた人がいた。その気持ちはよくわかる。

詩を何編か、ある友人には送りつけたがぶっちゃけ本当に自分が気に入っていたやつは送りつけてない。

絵を描いたらそれは他人に見せねばならぬという風に思っているのに一人で書く文は他人に見せようとならないのは不思議だ。

もしかしたらある種のマウンティングなのかもしれない。オレはテメーより優れているぜと心の中だけでも思いたいのかもしれない。絵はね、詩より経験が浅いんだ。でもって評価というのは最初は自分の中でしか起きないんだ。比べる対象が少ない自分という存在ならさぞかし楽に歪んだ自己愛を満たせるだろうよ。

そう考えるとスゲー不愉快だな。積極的にリーサルウエポン使っていこう。2回しか使えないボムならとっとと使い切ろう。背水の陣でいこう。

 

密度と純度を上げた結晶体として、成長をしていきたいだけだ。多様性も成長に必要だ。できたらこの手を掴んでください。

20170409

物事を考え出す前に言葉が途切れる。無理矢理文章にしてみようと必死で今文字を打ってみてる。夜なんだから寝ればいいんだけどさ。

しりとりで新しい言葉が浮かばないときみたいなもどかしさがある。整列した正しい語にならない。

る、る、るーびっくきゅーぶは言った、るーまにあも言った、る、るあ、るい、るう、とか続けてる感覚。ルアーも類もルーも実は単語になってることに気付いてない。たぶん5文字以上縛りとかだ。

さっき(というか今も)考えてるのは、世界が、世界は、世界を、世界に、とか、一文字変えて丁度いい何かにならないかとぐるぐるし続けてる。何がしたいのか何に至りたいのかも分からない。

 

 

 

人間性を落とし切れないことはしんどい。諦め切れないことはしんどい。

とはいえ人間性のない人間はつまらないし諦めちまった人間もくだらない。

意思を持っていて活動することができる、というのが人間の条件であるように思ってる。おれが出来てないから。

「何をやりたい、何になりたい?この人のことどう思うよ?」

答えれたら人間になれるかなあって考え出すと、答えるためには自己の人格が必要で、現状を諦めずにいることが必要になる。より高みを目指すことというか。

早死にする気満載で全部諦めていたから、難しい。うっすらとした苦痛がある。

 

「人を選ぶことが必要かもしれない」という旨のツイートをちょっと前にした。

なんだか、あるグループ存在していることを許されたまでではなく、認めてもらえた気がして、もう少し人間らしくなってみてもいいのではないかと思ったからだ。

ある人と話していて、人間って本音と建前とか裏とか表とかあっても人付き合い続けれるものなのかと驚いた。ここで書いたことあるっけ、純真極まりなかったおれは小学校の頃に聞いた(あるクラスメイトに対する)陰口で人間関係のほとんどが瓦解した。

さっきまで3人で仲良く話してたのに、1人が抜けた途端に「あいつウザいよね」とかそういうことを耳打ちされて、信じてた足場の底が抜けた。こんなことになるぐらいなら仲良くもならなくていいと心底思った。

それでもあの人らはコミュニケーションを続けてた。悪意と善意のバランスを取れるうちは続くものらしい。(もしかしたら悪意ですらなかったという可能性もある。)

ということに最近気付いたから、ツイートした。あのツイートには悪意も善意もない。誰かハブるぞって宣言でもない。ただ子ども時代に通過するべきだった気付きを得たっていう驚きの記録だ。

 

まあ、スタンスはどうせ変わらない。来るもの拒まず去るもの追わず。常に大きく自由であれ、だ。

入り込むほうを最近は減らそうとしている。今あるつながりぐらいで十分だ。それが途絶えてしまうのも仕方がない。だけど、できたら大事にしたいなと思う。

 

意外とだらだら続けれました。おしまい。

過去の話

事実として割り切る。

車。母の職場までの道。かけた好きな音楽。実家。母の声。階段。折れた金具のざらつき。開きっぱなしのベランダの扉。発見現場。扉の開いたままの妹の部屋。その生活感。撤退した救急隊。階段を降りて、居間。2階には証拠を探す警察。兄貴、あいつの顔、いまどうなってた。舌を見せてそれを噛んだ兄。

死後硬直は時間経過で一度解ける。解けたときを利用して体勢を整えさせる。

発見現場でフル稼働するクーラー。夏のにおい。冷たい部屋。腐敗への恐怖。生前より膨れた腹。葬儀屋さんのドライアイス。永眠したシリコン。死斑の色。悲哀の色。涙の色

 

いくら現場を避けたって、起こってしまった事実は変わらない。現在じゃないことは割り切るしかない。過去だ。過ぎ去った事柄だ。大丈夫辛くなんてないぜ。

今も無力感にうなだれる。何かしてやれなかったのかな。残念ながらこの後悔に行き場はない。

やらなかった事実だけが横たわってる。IFの話 - ※個人の見解です

実はまだ妹の部屋には入れない。暗記用の付箋が壁に貼られたままの部屋は生々しくて死体とのギャップがひどい。発見現場にもできたら入りたくない。ティッシュを取りに入っては少し後悔する。階段を上るのも少し嫌だけど俺の城は2階にあるから仕方がない。1階にも安息の部屋はないし。

 

割り切っているのはすごいみたいなことを言われた気がする。記憶違いだったらあれだけど。

諦めと言ったほうが正しい。過去に振り回されるのはだるい。負荷が症状に至らなかった例だから、不幸中の幸いだろうとは思う。

そんな事実が起きた家でいいならこちらは拒まない。ただそれだけ。

身体を切るより過去を断ち切ったほうがまあ建設的ッスよね。切れないところが痛むわけだし、正直おれが拒まなくても相手が気にしそうな話だが。

 

おれはなんでもいいんだ、今生きてるから。読んでくれてる人もたぶん生きてる。生きてくれている人の手を離さないでいたいと本当に思う。

 

下手に人類愛が暴発しそう。死んでしまったやつを思うっていうマトモさをもう少し持ったほうがいい。今しか愛せない。今しか生きれない。さして生きたくもないが。

これから何が出来るんだろう。